職場いじめ、パワハラブログ「正直に書きます」の記事紹介

職場いじめ、パワハラブログ「正直に書きます」の記事紹介

私の弱点にて様々な職場でパワハラや職場いじめを受けてきた、見てきた私が

今までこのブログで書いてきたパワハラに関する記事を紹介致します。

職場いじめ、パワハラブログの記事紹介

私のパワハラ、職場いじめの体験談

仕事をするにおいて私は最大の弱点があります。

それは・・

「仕事が出来ない」

という弱点なのです。

どんなに仕事が出来ようとも、パワハラや職場いじめが発生してしまう現代日本において仕事が出来ないということは、

職場にて危険な状態に陥ってしまうのです。

そして私は四年間働いた正社員からニートになり、派遣社員にてクビを体験して、アルバイトや、日雇い労働、個人事業主まで経験いたしました。

もちろん私だけではなく、同僚や先輩や後輩のパワハラや職場いじめなども何度となく目撃してまいりました。

そのような私の実体験や目撃談を通じて、何か皆様の今後になにか役に立てばと思い記事を書いているのです。

私が仕事で受けたパワハラ体験を5つ告白します

私は見た!された!職場いじめ体験談、目撃談

パワハラ、職場いじめが発生する原因

パワハラや職場いじめが発生する原因は様々な種類があります。

私のように仕事が出来ない事で発生するパワハラもありますが、

仕事が十分出来るのに、上司から仕事が出来ないと攻め立てて強制的にサービス残業させる、

給料から天引きするというブラック企業的なパワハラ上司がいる企業もあるのです。

しっかりと理不尽だ思えるところは理不尽だ!と認識しておかないと、

パワハラ上司の言いなりになってしまい会社を辞めるに辞められない状況に陥ってしまうかも知れないのです。

パワハラや職場いじめの原因を特定して、迅速な判断を下していく事は、自分自身を守る事に繋がっていくのです。

パワハラ体験者が伝えるパワハラを受ける11の原因、理由

パワハラ上司の深層心理を掴むとパワハラ対策になる

それぞれの職場で部下に求められるものは全く違ってきます。

ただ結果を求められる職場もあれば、仕事へのやる気さえあれば評価してくれる上司、忖度や気遣いさえ出来ていれば機嫌がよい上司、

どんな対策をしてもパワハラする上司(ブラック企業)

自分の気分しだいでパワハラをしてくる上司など様々な職場や上司によって正解の対応が変化してくるのです。

その職場で求められるものをいち早く掴む事で、自分の評価を上げる事も出来るし、もしプライドが高くて

「上司にへつらいたくない!」

と強く望むのであれば、忖度をしなければ評価されない会社はいち早く辞めるべきなのです。

私は様々な職場を変えて働いてきましたが、

「あの職場だったら辞めなければ良かった」とか

「あの会社はもっと早く辞めるべきだった」とか後悔は耐えません。

職場で求められているもの、そして自分の特徴を掴んで自分に合った会社で働くことは、パワハラや職場いじめ対策になるのです。

職場でのパワハラをする上司の9つの深層心理

パワハラ、職場いじめ対策は上司の特徴を掴む事が肝心!

私がやっていた職場での気遣いや忖度

私は特別に忖度が上手に出来るという訳でもありませんが、

仕事が出来ない私にとって、

パワハラを受けない為に

職場いじめにあわない為に

重点をおいて忖度のスキルアップを図ってきた分野なのです。

1人にへつらいたくないというプライドが高い人にはオススメは出来ませんが、

職場で仕事以外の事でも毎日のように怒られた私は、上司の本音を毎日のように聞いているのと同じ事なのです。

バリバリに仕事が出来て、上司よりも才能がある人は上司から怒られる事も少ない事でしょう。

仕事が出来る人よりかは、私は上司の深層心理を知っているものと自分で自負しております。

上司から叱られる事はデメリットしかないように見えますが、

メリットも十分あるのです。

私がやってきた上司との人間関係を良くする12の忖度(方法)

パワハラや職場いじめを受けやすい人

私のようにパワハラや職場いじめを受けやすい特徴を持った人がいます。

だけと、私はどこの職場でもパワハラにあってきた訳ではありません。

私の場合でいうと

仕事の実力を求められる職場にて、自分に合った仕事ではない時にパワハラにあう確率が上がってくるのです。

私以外のケースでいうと、プライドが高い人は職場で忖度や気遣いを要求される職場ではマッチしないのです。

だからどんな人でも、パワハラや職場いじめにあわない自分に合った働き方があるのだと私は考えています。

仕事でプライドが高いと職場いじめにあいやすくなる5つの理由

派遣社員は仕事ができないとパワハラを受けやすくなる理由

スポンサーリンク

私のパワハラの怒りや恨みのストレス解消方法

私はどれだけ上司に怒られても怒りをこらえて対応していました。

例え私が悪かったとしても、正直な上司への怒りの気持ちには嘘がつけないのです。

その溜め込まれた怒りによって私は会社を辞めて、ニートになりうつ病になったのです。

上司への強烈な怒りが毎日のように込み上げてくるうつ病になった時の私の怒りの解消方法をこの記事にて紹介しております。

私の人生を振り返ってみます(ニート、派遣社員、パワハラ、クビ)

 

スポンサーリンク

コメントよろしくお願いいたします